変化する投資の手段|太陽光発電投資で安心を得る

ビル

不動産の二つの価値

住宅

不動産価値の特徴

不動産経営のポイントは、不動産の持つ基本的な価値を見極め、それに沿った運営をして行く事が肝心である。不動産経営における、不動産の価値は、不動産そのものの価値、即ち路線価格等不動産のそのものの取引価格であり、もう一つの価値は、その不動産の利用価値、即ちその不動産を現金収入など収益物件として活用できる価値である。不動産経営の本質からすると、後者の価値を活用する事が基本となる。もちろん、不動産売買等の仲介を行う事による仲介手数料を得るのも、不動産経営の中に含まれるので、どの様な不動産経営スタイルを志すのか、経済動向や地域特性を良く見極めた上で選択していくことが大切である。利用形態には、賃貸住宅、店舗、貸事務所、駐車場等があり、地域特性をよく見極め経営スタイルを決めていくことである。

不動産活用の展望

不動産経営における不動産活用の選択は、経済情勢、地域特性によるところが大きなウエートを示す。正式な利用方法を決定する前に当面の固定資産税等の維持費対策として取り敢えず駐車場として活用している場合が多く観られるが、基本的には大方店舗や医療機関の契約駐車場として利用出来る事が不動産経営の範疇に入ると考える。人口が集中する大都会では、賃貸住宅は、ファミリータイプからワンルームマンションが主流になってきており都市周辺の纏まった土地では大型ショッピングモール用地として利用される事が増えてきている。街中の民家の跡地等比較的小規模の不動産については、ファーストフード店舗、携帯店舗、消費者金融等比較的、こじんまりした用地でも利用可能な物件が増えてきている。