変化する投資の手段|太陽光発電投資で安心を得る

集合住宅

短期間のみの賃貸契約とは

不動産

リロケーションにつきましては、転勤などによって、一定期間だけマイホームを空にする場合に、第三者に貸すことで、利益を享受することであり、近頃では、こういったサービスを、活用している人達は多いといえます。

不動産の二つの価値

住宅

不動産経営のポイントは、地域特性、経済状況、その不動産の特徴を十分把握の上、市場ニーズの動向と照らし合わせ、中長期展望の観点からその不動産の利用価値を高める戦略を十分に吟味してから利用方法を決めて行く事が肝心である。

新しい種類の投資

太陽光発電

太陽の力を使おう

太陽という自然の力を使い、発電を行う太陽光発電は近年注目を浴びています。原油や原子力を使わないため、地球を傷つけることなくエネルギーの普及拡大が実現されます。停電した時や、災害時には非常用の電源として利用できるため社会的意義のある発電方法です。これは、政府が進めているクリーンエネルギーに関する法案により促進されています。これは、一定区画の土地に太陽光発電施設を設置し所定の申請が通った場合、20年間の間、発電した電力を電力会社が固定価格で買い取ることを保証するものです。この、太陽光発電施設の設置には多額の費用がかかるため、それに必要な資金を投資資金として集めるのが、太陽光発電投資です。この太陽光発電投資には二つの側面があります。一つは発電した電気を売り、収益にすることができる点です。安定した長期的な収入源と成りえます。二つ目は、税金対策となる点です。太陽光発電投資に投じた資金は、減税対象となっているためです。これらから、投資家などから太陽光発電投資が注目を集めています。

投資に際して留意

太陽光発電投資において、以下の点については慎重に検討しましょう。一つ目は、太陽光発電投資によって発電した電力の買取価格(売電価格)です。年々、売電価格は下がっていますので、費用対効果の計算には注意が必要です。二つ目は、太陽光パネルの価格です。この価格は製造技術の発展により、毎年パネル価格が下落しています。したがって、太陽光発電投資に必要な資金も下がっているのです。三つめは減税措置です。政府より発表されるクリーンエネルギーに関する減税措置については随時、チェックしましょう。自分が太陽光発電投資を決断したときに、希望する減税措置がまだ実施中かどうかが重要です。上記の要因を吟味して、期待される収益が見込めるかを検討します。

車が多くなってきた

電卓

大型道路沿いや大型の店舗がある場所の近くに土地を所有している人の中には、そこに駐車場を設置して毎日収益を上げている人がいます。最近はこれらの物件の計画、立案、設置、施工、管理する専門業者も現れてきました。